ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】

いつの間にか増える悩みに

看護師

外部からの刺激が原因

「気付いたら増えている」や「生まれたときからたくさんある」など、ほくろに関する悩みを持つ人は多くいます。元々、ほくろはシミの原因としても知られるメラニン色素が増殖して一箇所に集まってできるもので、医学的には母斑細胞と呼ばれています。ほくろには先天的と後天的なものがあり、「生まれつき多い」という人は、両親からの遺伝が原因とされる先天的なものである場合がほとんどです。特に、顔にたくさんあるという人は周囲の目が気になる人も多いため、レーザーなどで除去してもらうのが有効です。後天的なものは、紫外線や傷など外部の刺激から皮膚を保護しようとする力が働き、メラニン色素の動きが活発になってできると言われています。そのため、肌が露出している部分に出来やすかったり、よく日に当たっている部分にできやすいという特徴があります。後天的に増やさないためには、肌への刺激を少なくすることが大切ですが、すでにできてしまった目立つほくろは美容整形外科で除去する方法が確実です。何もケアせずに日常生活を送っていると、いつの間にかほくろが増え、白くて美しい肌を取り戻すのに時間がかかってしまうため、日頃からケアして過ごすことが大切です。ほくろには色や大きさ、出っ張り具合など形態が様々ありますが、主に黒いものは、その大きさによって分別されています。大きさが1.5cm以下の小さなものは「黒子」と呼ばれ、1.5〜20cmは「黒アザ」、それ以上のものは「巨大先天性色素性母斑」と呼ばれ、痛みや痒みがなく無症状であることが特徴です。巨大なものになると、薄着や水着に抵抗があるなど、人に肌を見せることが悩みとなるため、美容整形外科などで除去してもらうのがおすすめです。また、基本的にほくろは黒色であり、赤く見えるものは毛細血管が集まってできる血管腫だと言われています。刺激によってできるため、ケガや紫外線に注意することが大切ですが、すでにできている場合はレーザーで除去することも可能です。その他の特殊な例として、ほくろだと判断したものが、皮膚がんの一種であるメラノーマだったという例もあります。「ほかのほくろと形が違う」といった場合は、病理検査を行って適切に治療する必要があるため、早めに専門機関を受診することをおすすめします。

顔に触れる女性

レーザーで簡単に取れる

レーザーでのほくろ除去治療は5ミリ以下のほくろを取るのに向いています。治療に使われるのは炭酸ガスレーザー・Qスイッチレーザー・ロングパルスレーザーといったレーザーです。ほくろを蒸散またが色素を破壊することで除去します。

詳しく見る

カウンセリング

少しの勇気で明るい雰囲気

気になるほくろを除去し、コンプレックスを減らすことで、毎日の生活がより楽しめるようになります。実際に「やって良かった」との感想が多いのがほくろ除去の人気の理由でしょう。少しの勇気で楽しい人生を送りましょう。

詳しく見る

ビフォーアフター

悩みを取り除いて笑顔に

美容整形外科などで気になるほくろを除去する際は、ほくろの大きさによって費用や除去方法が異なってきます。特に、顔のほくろは第一印象を左右したり、社交性にも影響してきたりするため、専門医の力できれいになることがおすすめです。

詳しく見る

顔に触れる女性

綺麗にできます

ほくろにはおおまかに分別すると、皮下に何かがたまるタイプと、皮膚や皮下脂肪が変化するものになります。除去には様々な方法がありますが、短期間で綺麗に除去するなら切除手術を行う事が最適です。手術は皮膚科や美容外科で施術してもらう事ができます。

詳しく見る

女医

美容クリニックなら安心

気になるほくろの除去には、美容外科や美容皮膚科のクリニックが最適です。その中でより良い治療を受けるためのクリニックの選び方、そして実際に治療を終えた後のアフターケアで注意したい点についてお話ししていきます。

詳しく見る

Copyright© 2018 ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】 All Rights Reserved.