ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】

レーザーで簡単に取れる

顔に触れる女性

レーザー治療の特徴

ほくろは場合によってチャームポイントにもなりますが、数が多いとかえってコンプレックスになってしまうケースもあります。コンシーラーやファンデーションなどのメイクでカバーするのが難しい、多くのほくろに悩んでいるならほくろ除去を検討してみてはいかがでしょう。ほくろ除去治療にはいくつかの施術法がありますが最近は、とても手軽で患者さんへの負担が少ないレーザー治療が人気です。レーザー治療で有効と言われているのは5ミリ以下で悪性でないほくろで、美容皮膚科や美容外科といった美容系クリニックで多く採用されています。Qスイッチヤグレーザー・炭酸ガスレーザー・ロングパルスレーザーといったレーザーが治療に用いられるのが一般的です。小さく色素が薄いほくろであれば1回の治療で除去することができますし、数が多いほくろもレーザー治療でなら対処できます。美容系クリニックはシミ除去など他にもレーザーを使う治療を行っているので、ほくろに対しても適切な処置ができ安心して、施術を受けられるというメリットがあります。レーザーでのほくろ除去治療は使用するレーザーの種類によって、ほくろを取り除くメカニズムが異なります。もしほくろをレーザーで取りたいという場合は、各レーザーの特徴やメカニズムなどの情報を、チェックしておくと良いでしょう。炭酸ガスレーザーという水分に反応する特殊なレーザーは現在、ほくろ除去治療で多く採用されているレーザーの1つです。人の肌には多くの水分が含まれており、炭酸ガスレーザーを照射すると肌の水分が炭酸ガスレーザーのエネルギーを吸収し、その部分に熱が生まれます。ほくろに炭酸ガスレーザーを当てると一瞬でほくろの組織に熱せられ、蒸散させることでほくろを取り除くという仕組みのレーザーです。炭酸ガスレーザーはほくろを削って除去するレーザーなのですが、Qスイッチレーザーとロングパルスレーザーは削らずに取り除く効果を発揮するレーザーです。この2つのレーザーはほくろの細胞に含まれるメラニン色素に反応し、熱によってメラニン色素を破壊してほくろを除去します。どちらのタイプのレーザーで治療を行った方が良いのかは、ほくろの状態などで変わるので、まずはクリニックに相談してみましょう。

Copyright© 2018 ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】 All Rights Reserved.