ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】

悩みを取り除いて笑顔に

ビフォーアフター

大きさによって異なります

「生まれつき顔にたくさんのほくろがある」など、人に見られやすい箇所のコンプレックスは、美容整形外科などの専門の病院で一気に除去するのがおすすめです。ほくろには、数や大きさなど個人差がありますが、紫外線やストレスの影響を受けて、年齢と共に増加する傾向があるため、早めに診てもらうことが大切です。それぞれの病院で異なりますが、ほくろの除去は大きさや方法によって費用が異なり、一度の施術で除去できる個数にも差があります。一般的に、1?以下の小さなものは数千円から五千円程度、5?以下のものは一万円程度、それ以上になると一万から五万円の費用がかかるようです。これは、一個を除去するときに費用ですが、病院によっては会員登録すると一度に複数個の除去が可能だったり、二回目以降は割安になったりする場合があるようです。悪性腫瘍など特別な場合でない限り、美容整形外科での施術は保険が適応されないため、お財布とよく相談して決める必要があります。また、炭酸ガスレーザーと電気メスでの切除では費用に差があるため、よく医師と相談して施術内容を決めることも大切です。ほくろには、遺伝的にできるものと年齢と共に増えるものがありますが、シミやソバカスと同様に目立つ箇所にできて悩みの種になることが多いものです。顔や手の甲など人に見られる部位のほくろは、美容整形外科を利用し、レーザーや電気メスなどで除去して綺麗になることがおすすめです。小数の小さなほくろはファンデーションを利用して上手く隠すことが可能ですが、大きかったり突起状になっていたりするものは、なかなかメイクでは隠せないものです。そのような場合は、炭酸ガスレーザーを用いて剥がすように除去すると、大きな傷跡も残らず綺麗な肌になれます。また、大きさによってはレーザーよりもメスで切り取った方が効果的な場合もあり、そのようなケースでは麻酔と電気メスを用いた方法が用いられます。レーザーよりも多少大掛かりな施術となり、費用が高くなる可能性もありますが、レーザー同様、一気に取れて傷跡が綺麗になるのでおすすめです。鼻の横や眉間の間など顔の中心にあるほくろは、他人の目が気になったり、時にはいじめの対象となったりすることも考えられます。また、顔のコンプレックスは第一印象に影響を与えることもあるため、専門医の力を利用して明るい笑顔を取り戻すことをおすすめします。

Copyright© 2018 ほくろ除去は美容整形外科がおすすめ【早めに専門機関を受診】 All Rights Reserved.